パントマイムのやり方

パントマイムのやり方、練習方法

◆パントマイムのやり方・練習方法の解説

◆チャレンジしてみる事!

【チャレンジしてみる事!】

 パントマイムを上達する為に最も必要な事は、毎日の基礎訓練の実施です。

 テンション・リラックスの基礎概念の定着は、頭ではなく体で覚えていくものです。

 この基礎部分が欠けて、テクニックに走ると、部分部分で、粗が出てきます。

 逆に言えば、基礎部分を徹底する事によって、他のテクニックが活きてくるものでもあります。

 そして、

 最大に上達する方法としては、

 「ストリート」

 に挑戦する事です。

 んっ?

 と思われる方もいるかもしれませんが、ストリートは下手に教室に通ったりするよりも、もっと効率よく学習が出来る、「最高の教室」でもあります。

 ストリートは、自分の非力さ・・・を実感できる最高の勉強場所です。

 私も何年も基礎訓練をしてからストリートに挑戦をした事がありましたが、舞台よりも緊張し、まったく練習通り演技する事が出来なかった苦い経験があります。

 そしてその後、ある意味ようやく真剣にひとつひとつの動きを見直すようになっていきました。

 この強烈なマイナス意識の体験が、その後のテクニック上達を加速させ、急激に自分のレベルを向上させていくきっかけとなるのは間違いありません。

 デビューは早いに越した事はないと思います。

 技のレパートリー数を増やすくらいなら、実践に出たほうが、よっぽど演技力がついていきます。

 当時、学生演劇の勉強の為に、パントマイム教室に通っていた事がありましたが、その中の友人の一人は、教室に2~3ヶ月通っただけで、

 「ペースが遅い!」と見切りをつけ、すぐにストリートデビューを果たした友人がいます。

 彼は基本がまだ何も出来ていない段階で挑戦した為、最初はまったく見られたものではないほどの状況でした。

 しかし、今では仲間内で、彼に適うものは誰一人おりません。

 「失敗を恐れる事が最大の失敗である」

 という言葉がありますが、最近は私もこの経験を通して、何事にもまずチャレンジしてみる!

 という事を実践しております。