パントマイムのやり方

パントマイムのやり方、練習方法

◆パントマイムのやり方・練習方法の解説

◆ムーンウォークの練習方法・コツ

【パーツで練習する】

 ムーンウォークの習得のポイントは、最初のうちは、①~④の流れをセットとして考え、この流れがスムーズに流れるように、区切りながら練習する事がポイントです。

 いきなり、連続で繰り返すよりも結果的にそのほうが上達が早くなります。

 ①~④の流れの中では、足を後方に下げすぎない事も重要です。

 実践するとわかりますが、足を下げすぎた場合、重心のバランスが保ちづらくなり、見た目もきゅうくつになってしまいます。

 次にセット練習がスムーズになった時点で、 「セット間のつなぎ目」をピックアップして練習していきます。

 このセット間のつなぎ目とは、レクチャーの④⇒①の部分にあたります。

 この際のコツは、つなぎ目の部分のみを繰り返し練習する事です。

 ここでも、全体的に練習するのではなくパーツパーツを組み立てていくイメージが重要です。

 余談ですがピアノの演奏では、毎回同じ部分で間違える人が大半であると聞いた事があります。

 その為、ピアノの練習では、自分が苦手とする部分をピックアップし、その部分の直前の部分から練習を繰り返すそうです。

 これは、つなぎ目の流れを身に着けるパントマイムの練習と同じ考えです。

 苦手とする部分は個々によって異なってくるので、自分が苦手な部分は「パーツに分けて」練習するのがポイントです。



【ムーンウォークのポイント!~速度を一定にする~】

 パーツの練習を積み、ある程度型が出来てきたら、今度はスピードの一定化を計ります。

 ムーンウォークを練習していると、大半の人が、左右の足によって後方へ滑らせる速度に若干の差が出てきます。

 これは癖になっている事が多く、本人は気づきづらいのですが、実際の見た目には大変大きく影響してきます。

 スピードが一定にならないと、せっかくパーツパーツの組み立てが流れるように出来たとしても、

 「スピードの緩急の差」によって、逆にパーツパーツがバラバラに見えてしまう現象が発生してしまいます。

 スピードを一定にするコツは、心の中で、タイミングを計りながら練習する事です。

 「い~ち」「に~」でも良いでしょうし、「ターン」・「ターン」でも良いでしょう。

 練習段階では、もちろん実際に声を出してもOKです。

 尚、私の場合は、恥ずかしいですが救急車のサイレンのイメージを利用しています。

 「ピー」・「ポー」です。

 救急車のサイレンは誰もが聞き覚えがありますし、どういう訳かリズムを測りやすいので、一度お試しください。

 スピードの一定化は、自称ベテランの方でも以外に出来ていない方が多いので、つなぎ目がうまく出来るようになったら、ここは意識して反復練習しましょう。